家族ができたら尾張旭市

Vol.6 ママ友座談会

仕事・家事・育児に追われる毎日を過ごす4人のママさんたちに、尾張旭市での暮らしや子育てに関すること、尾張旭市で楽しめる施設についてなどを思い思いに語っていただきました。ママさんたちのお話を聞くと、尾張旭市がどんなまちなのかが見えてきます。

私たちが尾張旭市に住んだワケ

坂口

結婚してしばらくは、旦那の実家がある名古屋市守山区と、尾張旭市のちょうど境目くらいに部屋を借りていて。子どもができて中古のマンションを買おうと思ったとき、穏やかな雰囲気を間近で感じていたこともあって尾張旭市がいいよね、と。

束川

私は結婚を機に引っ越してきて。主人の職場が名古屋市の名東区なので、名古屋市に住むか尾張旭市に住むか、いろいろ調べて検討したなあ。尾張旭市は都心にもすぐ行けるし、自然が多くてのどかな雰囲気も魅力的で移住を決めたんだよね。車を2台持っているので駐車場代が都心に比べて安い、というのも決め手のひとつだったかな。

小林

私の場合、出身が広島県で、大学進学をきっかけに愛知県へ引っ越して。主人の実家は坂口さんの旦那さんと同じ名古屋市の守山区なんだよね。

坂口

あ、そうだったんだ。

小林

そうなの。もとはお互いの職場がある名古屋駅へ電車で通える場所に家を借りていたんだけど、子どもが生まれるタイミングで主人の実家の近くに家を建てたいなと思って。それで土地を探し始めたら、たまたま尾張旭市に良い土地があったので、ここにしようかな、と。

梅村

うちは夫婦そろって尾張旭市出身で。旦那の職場が隣の市ということもあるけど、お互いの実家が近いことを一番に考えながら住む場所を探したな。車で実家の母と一緒に買い物に行けたりするので、やっぱり便利だね。

頼れる場所があるという安心感

梅村

実家が近いということもあって、実は長女が生まれたとき、児童館とか子育て支援センターを利用してなかったの。

束川

え、そうなんだ。

梅村

うん。パパママ教室とか離乳食教室とか、妊娠中に行く教室には参加していたんだけどね。長女がすごく泣く子だったから、できるだけ家にいて。でも、今の家に引っ越したとき、隣に住む同じ歳の子どもがいるママさんから「児童館に行かない?」って誘われて、そこではじめて行ったんだ。そのママさんは私と違って尾張旭市出身じゃなかったんだけどね。

坂口

地元出身じゃない人のほうがむしろ行くのかも。地元の人は親とか友だちとか、頼るところがあるからね。

梅村

確かにそうかも。結果として、児童館に通ってすごく良かったなと思っていて。私も子どもも、児童館でお友だちができて、その関係性は子どもが小学校に上がってからも続いているので。

束川

うちは子どもがある程度大きくなった今も、広報誌とかで紹介されているイベントは参加してるな。

小林

あ、もしかして夏休みに渋川福祉センターで時計を作るやつとか?私も子どもと一緒に参加したよ。

坂口

森林公園でも結構イベントあるよね。

束川

あるある。わくわく自然塾でカブトムシやクワガタを獲ったりしてね。長男とよく参加したけど、毎回楽しかったなあ。

まずは住みやすいまちであること

坂口

正直、子育てで一番大変なのって、子どもが3才になるくらいまでじゃない。とくに1人目の3年目。でも、その大変な時期を過ぎたら「こんなこともあったな」で済むんだよね。

束川

それはある。どんなに大変だったことも笑い話になってね。その瞬間は全くわからないんだけど。

坂口

結局、子育てはどこでやっても難しいと思う。自治体の支援がどんなに行き届いても、大変なことに変わりはないから。だからこそ意外と重要なのが、単純に「住みやすいまち」かどうか、っていうことだったりするんだよね。

あさぴー

梅村

スーパーまで歩いて行けるか、とかね。

坂口

そうそうそう。だから、そういう意味でも、尾張旭市って良いところだよね。

小林

普通に便利で住みやすいからね。

束川

都会にも行けるし、山にも行けるし、実感としてすごく住みやすい。

梅村

近所づきあいはあるし、治安だって悪くないしね。

坂口

これは、実際に住んでみないとわからない魅力だと思う。でも、たくさん来てもらえば、感じてもらえることだと思うから。

梅村

うん。だからぜひ、これを読んでくれている方には尾張旭市に来てほしいな。

広報おわりあさひ

詳しくはこちら

vol.2

詳しくはこちら

尾張旭市では、いろいろな施設でイベントが開催されているよ!詳細は各施設に問い合わせてね。