家族ができたら尾張旭市

Vol.5 おいしい紅茶日本一のまち

Vol.5 おいしい紅茶のまち尾張旭市

尾張旭市は「おいしい紅茶日本一のまち」として有名なことをご存知ですか?愛知県といえば、47都道府県の中でも喫茶店が多い場所として有名です。そして喫茶店の飲み物といえばコーヒーを連想しがちですが、そんな中で「おいしい紅茶のまち」とはどういうことなのか?ほのかに香る謎をひとつずつ紐解いていきましょう。

日本で1番の理由

尾張旭市は、なぜ「おいしい紅茶日本一のまち」なのか。
その理由はとても単純明快で、日本紅茶協会が認定する
「おいしい紅茶の店」の数が日本一多いまちだから、なんです。

4年連続日本一

4年連続日本一

「おいしい紅茶の店」は「日本紅茶協会」が行っている認定制度です。尾張旭市は「おいしい紅茶の店」認定店の実店舗数が日本一となっていて、2013年から4年連続で日本一の称号を獲得しているんです。まさに「おいしい紅茶のまち」ですね!

栄光への道のり

栄光への道のり

市内の有志の皆さんで設立した「尾張旭を日本一にする会」の熱心な取り組みにより、2011年に尾張旭市の「おいしい紅茶の店」認定店は15店舗となって、人口1人当たりの「おいしい紅茶の店」店舗数が日本一多い市として、初めて認定されました。

市内に18店舗*

市内に18店舗

現在尾張旭市には、18店舗の「おいしい紅茶の店」認定店があります。人口8万人規模のまちとしては驚異的な多さなんです。愛知県内の認定店は35店舗あるので、半分以上が尾張旭市にあることになります。紅茶専門店やカフェ、インド料理店などでさまざまな紅茶が楽しめますよ。

*2016年11月時点

「おいしい紅茶のまち尾張旭」について
もっと詳しく知りたい方はこちらのPR冊子をチェック!

おいしい紅茶のまち尾張旭PR冊子を見る!(電子ブック版)

業界団体の厳しい認定基準をクリア

そもそも日本紅茶協会とは、国内の紅茶メーカーや紅茶の輸入業者、
紅茶生産国の政府機関などによって設立された団体のこと。
その日本紅茶協会が国内での紅茶の普及をめざし、
1988年にスタートさせたのが「おいしい紅茶の店」認定制度です。

「おいしい紅茶の店」の認定には条件があり、5種類以上の紅茶を提供していること、そして1年以上の提供経験があること、この2点を満たす必要があります。審査は日本紅茶協会による覆面調査で行われます。4年ごとに再調査があり、判定によっては認定が取り消されることもあるそうです。1度認定されたからといって油断できない制度。そんな中、認定されているお店で飲める紅茶はおいしいこと間違いありません。

紅茶の祭典「紅茶フェスティバル」

尾張旭市では、紅茶の魅力をより多くの人に伝えたいという思いから、
「紅茶フェスティバル」という祭典を観光協会主催で開催しています。
来場者は2015年には5,000人を超え、尾張旭市内はもちろん、市外に県外、
さらには海外からのお客さんも訪れる人気イベントに成長しています。

紅茶を愛する方が多数参加

紅茶を愛する方が多数参加

2012年より開催した「紅茶フェスティバル」は、規模が年々大きくなっており、2015年には約5,000人が来場。本場スリランカの駐日大使やブラジル農園マネージャーといった業界著名人も参加されました。全国の紅茶を愛するみなさんから、注目を集めるイベントとなっています。

紅茶づくしの催し物

紅茶づくしの催し物

日本紅茶協会の講師がおいしい紅茶の入れかたを教えてくれる「紅茶セミナー」、世界中の紅茶・紅茶に合うスイーツ・紅茶グッズなどを販売する「紅茶バザール」、世界中の10種類以上の紅茶を試飲できる「世界の珍しい紅茶体験」などのさまざまな催し物が開催されます。紅茶好きはもちろん、紅茶初心者でも楽しめる内容なんですよ。

国産紅茶グランプリ

国産紅茶グランプリ

全国各地から応募のあった国産紅茶を、専門家と一般審査員が12種類に絞り込み、当日、専門家と一般参加者の投票で日本一の紅茶を決定するイベントです。あなたの1票で日本一の紅茶が変わるかもしれません!

「おいしい紅茶のまち尾張旭」について
もっと詳しく知りたい方はこちらのPR冊子をチェック!

おいしい紅茶のまち尾張旭PR冊子を見る!(電子ブック版)

あさぴー

これで簡単プロの味!? 紅茶のゴールデンルール

せっかく紅茶のおいしいまちで暮らすなら、家でも素敵なティータイムを楽しみたいもの。
ここでは、おいしい紅茶を入れるための4つの「ゴールデンルール」をご紹介します。

「おいしい紅茶の入れかた」を動画でチェック!

おいしい紅茶の入れかたを動画でチェック!

ティーポットを温める

ポットとカップを湯通しし、
温めて使います。

茶葉の量を量る

[大きい茶葉(リーフタイプ)]
カップ1杯あたり
ティースプーン
大山1杯3g程度
[細かい茶葉(ブロークンタイプ)]
カップ1杯あたり
ティースプーン
中山1杯2.5~3g程度

汲みたての水を
沸騰させて注ぐ

お湯は5円玉くらいの泡が
ボコボコ沸き立ってきた直後のものが
理想的。1杯あたり150cc程度を
複数分注ぎます。

蒸らし時間を計る

[大きい茶葉(リーフタイプ)]
3分以上
[細かい茶葉(ブロークンタイプ)]
2分半~3分程度